離婚後の戸籍と姓について

戸籍は夫婦とその子供を単位として作られています。
結婚すると親の戸籍から出て、夫や妻のどちらかを筆頭者とした戸籍が編成されます。

夫婦が離婚するときは、筆頭者の戸籍に変動はありませんが、筆頭者でないほうの戸籍は移動することになります。

今の社会では男性(夫)が筆頭者になっているケースが多いので、便宜上、男性(夫)が筆頭者であるという前提で話を進めます。女性(妻)が筆頭者になっている場合は、男女が逆になるとお考えください。

夫が筆頭者の場合、離婚届によって戸籍が動くのは妻ひとりだけです。筆頭者でない妻の方は、夫婦の戸籍から抜けて婚姻前に自分が入っていた戸籍(自分の両親の戸籍)に戻るのが原則です。

しかし、両親が既に亡くなっている場合など、以前の戸籍が除籍簿に綴られている場合には復籍することはできません。この場合は新戸籍を編成することになります。

また、あえて婚姻前の戸籍には戻らずに自分を筆頭者とした新戸籍を編成することもできます。いったん婚姻前の戸籍に戻り、その後、分籍により新戸籍を編成することも可能です

このように、離婚するにあたって筆頭者でない妻は、婚姻前の戸籍に戻るか、新たに自分自身の戸籍を編成するかを選ぶことか出来るわけです。

次に、離婚後の姓についてですが、婚姻前の戸籍に戻っても、新戸籍を編成したとしても、いずれの場合でも姓については婚姻前のものに戻るのが原則となります。

しかし、なんらかの事情で婚姻中の姓を名乗りたい場合は、離婚の日から3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を本籍地か住所地の市町村役場へ届け出ることにより、婚姻中の姓を使用することができます。

子供の戸籍と姓について

離婚した場合、その夫婦に子供がいれば、子供は筆頭者側の戸籍にとどまったままです。

例えば、筆頭者が夫であった夫婦が離婚し、子供の親権者を妻と定めた場合でも、夫を筆頭者とする戸籍から除籍されるのは妻のみで、子供は筆頭者である夫の戸籍に残るのが原則です。

離婚した場合には、親権者となった側の戸籍に子供も自動的に入るものだと考えがちですが、子供の戸籍は当然には移動せず、筆頭者である側の戸籍に残り続けます。

しかし、離婚するに際し筆頭者でない妻が子供の親権者となって子供を引き取り同居していた場合、子供の戸籍を父親側に残したままだと、いろいろと不都合がでてくる場合もあります。生活上の手続きで何かと不便だったり、何よりも感情的にしっくりこない部分も多いでしょう。

そういったことで、親権者である母側の戸籍へ子供を移したい場合は、家庭裁判所に「子の氏の変更許可」の審判を申し立て、「子の氏の変更許可」を得たうえで「母の氏を称する入籍届」を市町村役場へ提出することにより可能となります。
注:子供と同一戸籍にする場合、自らを筆頭者とする新戸籍を編成しなければなりません。

なお、家庭裁判所への申し立ては、子供が15歳以上の場合は子供自らが行い、15歳未満の子供の場合は親権者である母親が法定代理人として申し立てを行います。

戸籍への離婚の記載について

戸籍を見ればその人が現在婚姻中か独身かはすぐにわかるようになっており、離婚するとそのことは当然戸籍に記載されます。

離婚には、大きく分けて「協議離婚」「調停離婚」「審判離婚」「裁判離婚の4形態があり、現在のコンピュータ化された戸籍では、協議離婚の場合だけは単に離婚年月日が記されるだけですが、協議離婚以外の場合はその旨が記載されます。

離婚して独身になった場合、戸籍を見ることで、いつ誰と離婚したのかがわかるようになっているわけです。

筆頭者ではないほうが夫婦の戸籍から抜けて除籍されますが、その戸籍から抜ける人(夫が筆頭者なら妻)は除籍後にどこへ入籍したのかも記載されています。新たに入籍した戸籍にも、いつ誰と離婚して、どの戸籍から移動してきたのかがわかるようになっています。

離婚歴を隠したい場合

離婚した場合、戸籍を見ることで、いつ誰と離婚したのかがわかるようになっており、いつどのような方法で離婚し、子供の親権者はどちらなのかもわかるようになっています。

ですが、離婚した経歴を隠したいといった方も少なからずいることでしょう。

離婚してずっと独身でいるのであれば特に問題はないですが、再婚する方にとっては離婚歴を隠したい事情もあるでしょうし、戸籍上に前妻の名前が残っていることに再婚相手が不快に思うケースもあると思います。

このような場合、本籍を管外転籍することによって離婚歴を隠すことは可能です。

[管外転籍とは]
管外転籍とは、戸籍を他の市町村に移動させることです。戸籍は市町村単位で管理しているので、他の市町村に転籍した場合は、離婚歴や子供の除籍といった情報は引き継がれません。 

ただし、離婚したことを消しさり、完全に隠せるというわけではありません。転籍をすると新しい戸籍には「いつ、どこから転籍してきたのか」という情報が記載されています。これを元に転籍元の役所で除籍謄本を取り寄せれば離婚歴は判明します。