離婚時の財産分与

財産分与とは、婚姻期間中に夫婦が協力して得た財産を公平に分配することをいいます。

離婚を急ぐあまり、貰えるはずの財産を貰わずに別れる方も多いかもしれませんが、夫婦で築いた財産を分けることは当然の権利でもありますので、後悔することのないよう夫婦で協議する必要があります。

財産分与には,大きく分けて3つの種類があります。

清算的財産分与夫婦が協力して築いた財産を夫婦それぞれの貢献度に応じて分配
扶養的財産分与夫婦のどちらかが困窮する場合、離婚後の生活を経済的に支援する
慰謝料的財産分与財産分与に離婚の慰謝料としての意味を含める 

また、未払いの婚姻費用があった場合など、その精算を財産分与で行うこともあります。

財産分与は、離婚後にも請求することができますが、離婚成立から2年で時効となります。
ですが、経済的な安定を早く取り戻すという意味でも、離婚する前にすっきりとさせた方が良いでしょう。

清算的財産分与

清算的財産分与とは、財産分与のもっとも一般的な形で、婚姻中に夫婦で協力して築いた財産については、財産の名義が夫婦のどちらであるかに関わらず、夫婦の共有財産として考え、夫婦それぞれの貢献度に応じて公平に分配しましょうという考えに基づくものです。

清算的財産分与は、離婚原因がどちらにあるかは関係ありませんので、離婚原因を作った有責配偶者からの請求でも認められます。




編集中。。。